インプラントで安心を

注目されるインプラント

トップ / 注目されるインプラント

インプラントでおいしいご飯を

いつまでも自分の歯でご飯が食べられる。これがどんなに幸せなことなのか歯を失ってみて初めて分かります。歯の健康は個人差がありますが、80歳まで自分の歯がしっかり残っているという人は多くはありません。そう考えると、若いうちから歯を大切にしなければならないと思わされます。ただ、もし歯を失うようなことがあったとしてもインプラントで治療できることは、大きな安心です。自分の歯ではありませんが、入れ歯とは全く違い、本物の歯のように使うことができます。インプラントがあれば、おいしくご飯を食べることができますね。

インプラントにすると

歯を抜いた場合、インプラントやブリッジ、入れ歯などいくつか方法があります。入れ歯だとしっかり噛む事が難しいのと、隙間に食べカスが挟まってしまうし、メンテナンスが大変。ブリッジだと両端の土台になる歯を削る必要があり、土台自体が虫歯になる危険性があります。その点インプラントであれば、直接アゴの骨に埋め込んでしっかり固定するので、自分の歯のように違和感が無く使えます。また、しっかりと噛む事が出来るので、体にも周辺の歯に対してもとても良い影響があります。また、見た目にも健康的な歯に見えます。

インプラントのリスク情報

© Copyright 保険適用外のインプラント. All rights reserved.