インプラントと義歯

入れ歯よりインプラント

トップ / 入れ歯よりインプラント

義歯選びはまずインプラントを

歯が抜けてしまうことは悲しいことですよね。でも生きていくためには悲しんでばかりもいられません。今までどおりの食生活を送るためには、ブリッジや入れ歯などの義歯の使用を考えなければなりません。そこで選択肢に入れて欲しいのがインプラントです。チタン製の人工歯根をアゴの骨に埋め込み、連結部を装着して人口義歯をを安定させる技術です。しっかりと固定されていて違和感が少なく、モノを噛む力が非常に強いのが特徴です。ただ、検査の結果、骨の状態などによってインプラント手術が向かない人もいるので、かかりつけの歯科医とよく相談し、しっかりと説明を受けましょう。まずはお近くの歯科医院に連絡してみましょう。

インプラントと義歯の違い

最近では、インプラント治療という、とても画期的な治療法が開発されました。義歯の場合は、歯茎の上にそれが乗っているだけの状態のため、義歯がぐらついたり、外れたりする事があります。その点、この治療を行った場合は、歯茎から外れることはないため、噛みごたえをしっかりと感じることができます。そのため、食事に関して自分の歯と同じように食べることができ、美味しさを実感する事ができるのです。また、その治療を行うと、取り外すことがないため、紛失したりする心配がありません。そう考えると、インプラントの方が便利で、楽しい食生活を送ることができると言えます。

インプラントのリスク情報

© Copyright 保険適用外のインプラント. All rights reserved.