インプラントの定着

個人差のあるインプラント

トップ / 個人差のあるインプラント

インプラント治療期間

インプラント治療は、抜けた歯の機能を取り戻せる治療方法です。これは顎の骨の中に構造体でもあるフィクスチャーを埋め込む事で骨と結合をして骨と同化し、噛む力を骨に伝えることが出来るからなのです。フィクスチャーはチタンと呼ばれる材料で出来ている構造体で、骨との親和性が高い材料になります。骨とフィクスチャーは3か月から6か月と言う期間の中で骨と結合をしていきます。これは人工歯根が完成するタイミングであり、この後上部構造体を取り付けるためのアバットメントをフィクスチャーに装着し、その上に人工歯を取り付けるのがインプラント治療になります。

インプラントの期間について

インプラントの治療にかかる期間は、個人の歯の状態によって異なります。平均的に1年から2年の時間を費やすケースが多いです。治療を行う前のカウンセリングから状態が落ち着くまで医師は患者のケアを行います。不安や悩みが多い患者はそれを解決するのに時間がかかるため、治療をスタートさせる時期が遅れます。結果、期間が長めになります。一方、スムーズにケアを行えた場合は、当初の計画よりも早めにケアを終える事が出来ます。ケアにかかる時間は、仕事の状況や家庭の状況によっても異なってきます。インプラントにかかる時間は様々な要因が決めます。

インプラントのリスク情報

© Copyright 保険適用外のインプラント. All rights reserved.