オールオン4が人気

ポルトガルのオールオン4

トップ / ポルトガルのオールオン4

オールオン4と総入れ歯の違い

オールオン4は、インプラント体をあごの骨の中に直接埋め込んで人工の歯の支えとする治療方法ですので、単に歯ぐきの上から装置をつける総入れ歯とは異なるさまざまなメリットがあります。総入れ歯の場合、噛む力が十分に得られずに柔らかい食べ物だけとなってしまいますが、オールオン4であれば骨にしっかり固定されるため、基本的に食べ物を選ばず、また歯ぐきのすき間に食べかすが挟まって痛むこともありません。また、ぐらついて発音がしにくい総入れ歯とは異なり、人工歯が固定されているため、安心して他人と会話ができる効果もあります。

インプラント技術の発展

歯が無くなると入れ歯にする事が多いのですが、手入れが煩わしかったり何よりも硬いものが十分に噛む事が出来ません。インプラント治療での義歯でしたら、しっかりと顎骨に固定がされていますので、良く噛んで美味しく食べる事が出来ます。しかし利点ばかりでなく欠点は、全身状態が健康である事、期間が長くなる事、治療費が高額な事があります。ところが最近、骨と接着する能力や周囲の骨を造る能力を高め期間を短縮できる、インプラントの光機能化という技術が開発されて、今後治療の安心と安全を向上されるものとして期待されています。

インプラントのリスク情報

© Copyright 保険適用外のインプラント. All rights reserved.